波筬織(なみおさおり)

経糸が直線ではなくよろけていますものをよろけ織と呼びますが、波筬織は波筬(なみおさ)と呼ばれる波の形の筬で打ち込む技法により緯糸がうねります。

波状にうねった特殊な『筬』を使った波筬織は涼感もあり、洒落帯として着物ファンに愛されています。

シックな配色、変わり模様に加え、波筬の仕掛けで不規則にうごめくパターンは、創意を超越したモダンさを醸し出す逸品でございます。

大島紬や、結城紬などの織りお洒落着に最適です。

波筬織(なみおさおり)の織物

古代エジプトの音楽隊が整列しメロディーを奏でます
こちらの帯は波筬と呼ばれる綜絖により、織り出される波文様。羽のように透ける風合いは、見る人の目にも涼を誘います。

じっと見つめると裂取の境目にはそれぞれ縞柄や幾何学の緯糸を通したり、また経糸を部分的に束ねたりと遊び心のある“織”の魅力に引き込まれていきます。

そしてカラフルな波筬織の波取りを背景にして、古代エジプトの音楽隊が整列しメロディーを奏でます。

盛夏の装いをワンランク上へと演出する頼もしい一本です。

波筬織(なみおさおり)の織物2

流水を重ねたシンプルながらも面白みのあるデザイン

風通し抜群の波筬織地に何層にもうねる流水を重ねたシンプルながらも面白みのあるデザインです。

織には工夫が凝らされており、密度の高く浮き上がった部分や大きく感覚が空いているものなど変化が楽しめますね。

波筬織(なみおさおり)の織物3

エンゼルフィッシュの可愛らしい姿

薄羽のような透ける紗は広大な海を連想させますね。

ぷくぷくっと水疱を出すエンゼルフィッシュの可愛らしい姿。 スーイスイとのんびりと遊泳しています。

ツンとお澄まし顔のエンゼルフィッシュがコーディネートのアクセントとなり、素敵な盛夏の着こなしをご堪能いただけることでしょう。