夏大島紬(なつおおしまつむぎ)

夏大島(なつおおしまつむぎ)は、新潟県十日町市で丹念に織り上げられる平織横絣の織物です。

夏大島は大島紬と同様の絹糸を使用し、独特な風合いを持ち、夏を感じることのできる着物のひとつです。

経糸・緯糸の両方に強い撚りを掛けて織り上げており、透けるような涼やかさ、軽くシャリ感のある風合いが魅力です。

夏大島の方が強い撚りのかかった太い糸を用いており、それによって織りに隙間ができやすくなり、通気性、透過性が高まります。

織りの際の「打ち込み」も夏大島の方が強く打ち込んで織り上げていきます。

>大島紬について