置賜紬(おいたまつむぎ)

置賜紬 (おいたまつむぎ)は山形県の置賜地方(米沢、長井、白鷹)で生産される織物です。

江戸時代に上杉鷹山が奨励したことにより発展しました。

米沢市の「米沢紬」、長井市の「長井紬」、白鷹町の「白鷹紬」の総称です。

置賜紬は大島、結城に並ぶ逸品ですので、生粋の紬ファンの方に特におススメの一枚です。

山形県の置賜地方の織物置賜紬の反物