小千谷縮(おぢやちぢみ)

しぼと呼ばれる波状の凹凸が特徴の小千谷縮は、雪国越後の千年を超える麻布織りの歴史と伝統の中で、江戸時代初期の1670年頃に生まれました。

製作工程は、越後上布と同じように苧麻から糸を手績みするのですが、ここで緯糸に強い撚りをかけて糊で固定します。そしてそれを地機で織り上げてから、ぬるま湯に入れて手もみすることで、糊が落ちてしぼができあがります。

こうしてできた小千谷縮は、天然繊維の麻だけが持つ爽やかな肌ざわりと、やわらかで軽く通気性に富み心地良い御召し物として愛されています。

小千谷縮は夏に適した着物

小千谷縮は、お召しになる方はもちろんのこと、見る方も清涼感を味わえる着物です。

パリッとした麻の生地はシワにより肌との接触面積が少なく着心地もさらさらと爽やかで、麻は吸水性・発散性に優れ水分をすばやく吸い取り、そして発散してくれます。

そのため高温多湿な日本に適した素材であり、特に夏の時期(6~8月)に適した着物です。