羅(ら)

羅 (ら)は薄く織った絹の布で、宇須波多ともよばれます。

からみ織りで織った目の粗い絹織物で、経糸が左右の経糸と絡み合わせて織られています。

それにより、目は粗いけれどもしっかりした生地に織り上がります。

大きな透け感のある織り模様が特徴です。目の粗さから、通気性に富み、夏の織物として用いられます。