琳派(りんぱ)

琳派 (りんぱ)は光琳の名にちなみ、装飾性やデザイン性の高い、大和絵の伝統を基盤とした絵画や工芸、およびその系統を指す。

始まりは桃山時代後期、書家で多才な本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)(1558~1637年)と絵師の俵屋宗達(たわらやそうたつ)(生没年不詳)とされ、およそ100年後、彼らの作風を研究し洗練させたのが光琳と弟の陶工、乾山(けんざん)(1663~1743年)。

さらに100年後、光琳に私淑(ししゅく)した酒井抱一(ほういつ)(1761~1828年)と弟子の鈴木其一(きいつ)(1796~1858年)が江戸琳派を牽引(けんいん)。琳派は時を超えて、先人への敬愛でつながってきた。

雅にして斬新、絢爛にして明快研ぎ澄まされた芸術感覚に基づく洗練された装飾芸術の系譜=琳派。

大和絵の流れを汲みながら、大胆な構成と卓越した技法で豊かな装飾性に満ちた作品郡は、日本美(ジャポニズム)の象徴として広く海外でも愛されています。

琳派が国内外で高い評価を受け、尾形光琳がその代表的な画家として脚光を浴びたのは、明治13年にアーネスト・フェノロサにより『松島図』が購入された時からのことです。