道屯織(ロートンおり)

道屯織 (ロートンおり)は、花織・花倉織と並ぶ首里織の代表的な織物です。

十七世紀中頃に中国から琉球に伝えたれた織物で、昔は身分の高い人しか着ることができず、中でも花倉織・ロートン織は王家、貴族専用とされていました。

経糸密度を部分的につめて、経糸を浮かし経縞のように交互に織られる浮織です。