蝋纈染(ろうけちぞめ)

蝋纈染 (ろうけちぞめ)

蝋を使った染色技法のことで、蝋をしみこませた部分が白く染め残る性質を利用します。
溶かした蝋で布地に模様を描き、染色後に蝋を取り除きます。

防染のための蝋がひび割れたところに染料が入ることで独特の染め上がりになります。