琉球紅型(りゅうきゅうびんがた)

琉球紅型 (りゅうきゅうびんがた)は、何度となく衰退の危機を辿りながらも、今なお、新しい風を吹かせ、新しい感性を含み、それでいて琉球独特の雰囲気を併せ持っています。

赤、黄、青、緑、紫を基調にした色で華やかに染上げられる紅型は、太陽の下で光を受け鮮やかな文様が浮かび上がります。

紅型は琉球王府、首里、浦添を中心に、婦人の礼装として、また神事に関する古式の服装として摺込みの手法で染められたのが、琉球紅型のおこりだといわれています。

その後、14~15世紀、中国や東南アジアとの海外交易により中国の印花布の技法や印度、ジャワなどの染色技法が伝わります。

やがて沖縄の気候風土と自然に育まれながら、沖縄独自の紅型が誕生したのです。

以来、琉球王府の保護のもと、南国特有の神秘的な美しい染物は、東洋花布として、中国の福建市場では貴重な交易品でした。

その紅型の華麗さや、洗練された芸術性は、先人達によって、今日に伝えられています。

沖縄戦で生地や糸、染織材料だけでなく、職人の命まで奪われた琉球の染織。そのいずれもが戦後生き残った人々によって復興をとげてきた伝統工芸品なのです。

紅型では、生き残った城間栄喜(えいき)、知念績弘(せきひろ)が戦後復興の第一世代。

つづく城間栄順(えいじゅん)、玉那覇有公(ゆうこう)、知念績元(せきげん)、知念貞男らが第二世代です。