琉球絣(りゅうきゅうがすり)

琉球かすりの柄はその組み合わせなどで600~700種類はあるといわれています。

これら爽やかな涼感をさそう幾何学模様の図柄は、琉球王府時代から伝わる「御絵図帳」をもとに、職人たちが現代の感覚を取り入れて、オリジナルを作り上げます。

この図柄をもとに、糸を染め上げる時、少しずつ束ねた糸を計算された間隔で、模様の部分を1カ所ずつ手括りで締め上げていくという大変手間のかかる方法で、独特の絣模様をつくります。

沖縄で織られる琉球かすりは、日本の絣の原点といわれるほど古い歴史をもちます。

14~15世紀にインドから絣の技術が琉球王府の大交易時代にもたらされ、琉球の風土、気候に合わせて独自に発展していきました。

人の暮らしと密な器物や動物など身近なものを抽象的な図柄で表現した絣の魅力は尽きることはありません。