佐賀錦(さがにしき)

佐賀錦 (さがにしき)は、江戸時代末期に肥前鹿島藩鍋島家家中の女子の間に行われた手織り錦で、平織または綾織の華やかな織物です。

金銀の箔を置いた和紙に細かく切れ目を入れて糸状にしたものを経糸にし、緯糸に多彩な絹糸や金銀糸を用いるのが特徴です。

江戸時代に、佐賀県鍋島藩藩主がその屋敷の天井をみて思いついたという織り組織が佐賀錦です。

経糸(たていと)に煌びやかな箔を用いて表現されたしなやかな織り地は、つづれと並ぶフォーマル用の定番商品として織りつづけられてきました。