相良刺繍(さがらししゅう)

相良刺繍 (さがらししゅう)は中国では漢の時代より見られ、日本でも奈良時代に仏像の羅髪(らほつ=巻毛)の部分に使用されていました。

玉のように縫い込むことから別名【玉縫い】ともよばれています。

手作業ゆえに技術力はもちろんのこと、制作者には高い集中力と忍耐力が必要とされ、その絵柄が点で描かれたように見えることから絹の点描とも称されています。

>蘇州刺繍について
>汕頭刺繍について