彩臈紙(さいろうし)

彩臈紙(さいろうし)とは手でちぎった和紙に染料を含ませ、乾燥させてから濡れた生地の上に色の付いた和紙を置き叩いて色を落としていく技法です。

可愛らしい小花の地紋様を散りばめたちりめん地に温かみのあるグラデーションを染め上げたものなどがあります。