裂織(さきおり)

裂織 (さきおり)は、古い織物を細く裂き、緯糸に使って製織した織物です。

厚手で丈夫なため、仕事着などに用いられました。

貴重な古布の再利用の一手段でしたが、味わいのある風合いや、無作為に現れる色調のおもしろさが好まれ、今では趣味の織物として帯などに用いられています。