先染め(さきぞめ)

紬は通常、糸の状態で染めてから織る「先染め(さきぞめ)」の着物です。

かつては養蚕農家が商品化できない屑繭を使って織ったことから、長い間普段着とされていました。

しかし現在ではその伝統技術が高く評価され、後染めの紬や訪問着形態の先染め紬も生産されるようになり、紬は普段着からおしゃれ着、さらに社交着という広がりのある着物になりました。

「紬を着こなしてこそ、着物好き」と言われるように、紬は着る人の個性をよく表現する着物です。