せきだし

せきだし

友禅染の技法のひとつで、模様の外側を糊や蝋で防染して、内側に彩色していきます。

堰出し友禅は模様の輪郭線(糸目跡)がないため、輪郭線のない仕上がりになります。
堰出し友せきだし禅は染料が模様の外へ染み出す心配がないため、大きい刷毛を用いることも可能で、
模様の内部を自由にぼかし染めでき、大胆な力強い表現が特徴といわれます。