精好仙台平(せいごうせんだいひら)

精好仙台平 (せいごうせんだいひら)は、宮城県仙台を生産地とする高級な平縞の織りものです。江戸中期頃に仙台藩が、京都西陣から織師を招いて織らせた精好織が起源といわれています。

上品な光沢と張りがあるうえに、歩くとさわやかな絹ずれの音がし、また決して縦皺がつかないことから、袴地の最高級品として扱われています。

精好仙台平の特徴

精好仙台平の特徴は「目の詰まった厚い生地」「糸の太さで表す縞模様」です。

経糸には撚りをかけない2本の練り糸をひとつにあわせたものを、また緯糸には生地の縮まりをよくするために、「濡緯」と呼ばれる撚りのない生糸を用いて強く打ち込んで織り上げます。そのためしっかり目が詰まった厚地に仕上がり、皺になりにくく、そのうえ感触はやわらかいんですね。