紫根染(しこんぞめ)

南部紫根染

紫根染 (しこんぞめ)とは、多年草ムラサキの植物の根からとった染料で染め上げたもので、遠く中国春秋時代から伝わる染めです。

鎌倉時代には南部地方に伝わり、染料である紫草の品質の良さから南部の紫根染めが一番のものとされたようです。

天然染料で染め上げた紫は、落ち着いた深みのある色で、古代紫と呼ばれています。

日本には小野妹子ら遣隋使により伝えられたとされ、以来高雅なその色は高貴な者のみに許された禁色でした。

白と紫のグラデーションは染め物ならではの美しさがあります。

紫根染の紫は出合うたびに他の色にはない不思議な力があり、引き寄せられるような魅力を感じさせられます。