新小石丸(しんこいしまる)

小石丸(しんこいしまる)は古来からの日本産種のお蚕さんです。

最も細繊な糸を吐き、張力も強く、数々の優れた特性を持つこの蚕は江戸時代から明治時代にかけて養蚕の主流でした。

新小石丸とは、蚕の種類で、皇居御養蚕所で飼育されている品種である「こいしまる」を品種改良したものです。

繭が小さめなため、生糸の量も通常より少なく、またとても細いのが特徴です。群馬県榛名山近くの碓氷で養蚕されています。

新小石丸ならではの軽くて柔らかく、美しい光沢が特徴です。