忍摺り(しのぶずり)

忍摺り (しのぶずり)は、昔、陸奥国信夫郡から採集した「忍草」の茎や葉の色素を布にすりつけて表したよじれた模様とも、また、よじれた石で摺った布ともいわれますが、摺り絹の一種です。