信州紬(しんしゅうつむぎ)

信州紬(しんしゅうつむぎ)とは飯田紬、上田紬、山繭紬、伊那紬など、長野県内で生産されている紬の総称です。

信州は昔から養蚕が盛んであり「蚕の国」「絹の国」などと呼ばれていましたが、その期限は奈良時代に織られていた「あしぎぬ」であると言われています。

また野山には草木染の原料となる植物も豊富にあったことから、各地で絹織物が生産されるようになりました。

信州紬のなかでも最高級とされる天蚕

信州紬のなかでも、天蚕という野生の蚕の繭から取る山繭糸は貴重で、信州だけの特産品です。

天蚕は飼育が難しいため「繊維のダイヤモンド」とも呼ばれており、優雅な鮮緑色の艶と光沢、そして丈夫なのが特徴です。