塩沢御召(しおざわおめし)

塩沢紬の着物

新潟県南魚沼市(旧塩沢町・六日町)周辺で織られている絹織物で、 生地に独特の風合いがあり、色は渋い色調のものが多く見られます。

「塩沢紬」と呼ばれるものには大きく分ければ「塩沢紬」と「塩沢御召」になります。「本塩沢」というのはこの「塩沢御召」を指します。

夏用として薄く織った夏塩沢も生産されています。この商品は強く撚った御召糸を使っています。

越後では江戸時代に、小千谷縮など麻織物が織り始められました。

塩沢御召(本塩沢)はこの技法を用いて絹糸で織った縮織です。

御召糸は、八丁撚糸という通常の7~8倍の強い撚糸をかけた絹糸のことです。

緯糸に右撚りと左撚りの撚糸を交互に通して織った後、湯につけると糸が縮んで 「シボ」が立ちしゃきっとした織り味の着物が出来上がります。

>夏塩沢について