米沢紬 白根沢(よねざわつむぎ しらねざわ)

米沢紬 白根沢 (よねざわつむぎ しらねざわ)は、丸に白の商標で有名な山形県米沢の伝統工芸品、白根沢のお品です。

紡ぎ糸の節感がふっくらとしたやさしさを感じさせます。

米沢織の歴史は古く、上杉二代目景勝公の重臣直江兼続が、領民が青芋を材料に自家製の織物をしていたのを、産業として整備したのが米沢織の始まりと言われています。

それをさらに本格的な産業としたのが上杉鷹山公でした。

織元・白根沢はこうした鷹山公の時代より織物を家業として二百五十年の伝統を守り続けています。