白鷹御召(しらたかおめし)

白鷹御召(しらたかおめし)は、大島紬結城紬と並ぶ高級絹織りものです。山形県の置賜地方にある紬の里《白鷹》で生産される白鷹御召は、工程のほとんどが手作業による現在ではもっとも古法を守る御召といえます。

白鷹御召の特徴

白鷹御召の特徴は「細かな文様で構成する柄」「繊細なしぼ」です。

溝を彫った板に糸を巻き付けて締めあげ、その上から染料をかける《板締技法》という技法で染めることによって、一幅に三百も並ぶ小さな十字や亀甲柄で構成される細やかな文様の柄が現れます。板締技法で染められた織りものは、反物の両端にプール状の糸が残るのも特徴のひとつです。

また「鬼しぼ」と称される繊細なしぼがあるので、さっぱりとした着心地です。