白鷹織(しらたかおり)

白鷹町は昔から養蚕が盛んで三百有余年前より機が織られておりました。白鷹織(しらたかおり)の名が知られるようになったのは上杉鷹山公の産業復興対策後。

当地の特色と絹の性質を生かした板締絣技法で染織したものをいざり機に次ぐ古い高機で織り上げた紬は、織る人のぬくもりが着る人に伝わり手織りの感触を充分感じられます。