越後片貝 正藍染(えちごかたかい しょうあいぞめ)

越後片貝 正藍染 (えちごかたかい しょうあいぞめ)

宝暦元年(1751)に越後の国浅原の荘片貝(今の小千谷市片貝)で初代松井仁助が藍染めをはじめました。
片貝町は天領の里で古くから鍛冶職人、大工、染物職人が集まる職人のまちです。
以来十一代二百五十年間にわたり雪国越後の厳しい気候風土に育まれながらその製法を受け継いで参りました。
その藍染めは天然藍のなかでも黒ずんだ力強い藍色に特色があり、特に越後正藍染めと呼ばれております。
また、デザインから染め、織りまで一貫して手がけており、そのオリジナリティーあふれる商品で高い評価を得ております。