紹巴織(しょうはおり)

千利休の高弟・里村紹巴が所有していた金襴(名物裂)を紹巴織(しょうはおり)といいます。

高級品として代表的な「つづれ織」に似ていて、緯糸(ぬきいと)が経糸(たていと)を包み覆うような織り方であり、緯糸によってのみ、柄デザイン・配色を織り上げています。

それゆえ、他の織帯と比べ、緯糸同士の摩擦が大きいので「絹鳴り」がして、ゆるみにくく、締めやすいことが特徴となっています。