首里花織(しゅりはなおり)

紋織から絣に至るまで、手織り技法多彩な沖縄の伝統工芸品首里織(しゅりおり)。

その仕事は、すべて手作業で行われ、糸から染料まで自然の物にこだわっており、自然な風合いと気品は、大作から小物に至るまで存分に発揮されてます。

花織は首里織の一種で、沖縄で「はなうい」とよばれる紋織物です。

首里花倉織は花織(両面浮)と組 織・紗織の技法を併用した織となっています。

紹織、紗織は、からみ経糸が地経糸の右と左に位置を転じて組織し、

緯糸と緯糸の間にからみ目(すきま)を織り込んだ、からみ(もじり)組織です。