蘇州刺繍 (そしゅうししゅう)とは

蘇州刺繍 (そしゅうししゅう)とは、中国江蘇省の【蘇州】という街で 2500年も前から伝わっている刺繍の一種です。

使用する糸が極めて細く、刺繍面が盛り上がらないため表面が滑らかなのが特徴です。

また、両面刺繍という技法により表裏どちらから見ても糸の結び目がなく、両側から見ても美しい仕上がりになります。その写実的で繊細な仕上がりから絹の絵画とも称されています。

>汕頭刺繍について
>相良刺繍について