双重織(そうじゅうおり)

錦地組織の織物
双重織(そうじゅうおり)とは、古来の神社仏閣に伝承される有職裂に多く見られる 『 錦地組織の織物 』 で、緯糸を水に浸して経糸 と組み合わせながら織り上げていくものです。

それによって糸が細くしまって強く織れ、またその糸が自然に乾くと、生糸本来のまろやかな風合いをかもしだします。

双重織の重厚さと華やかさな風合いが大変美しく、お召になった時には着る方を本当に美しく引き立ててくれることでしょう。