すくい織

すくい織 は綴に似た技法で、主に紬糸を持ち手織った織物です。

木製の舟形をした織機用具の杼に緯糸をて、経糸をすくいながら下絵の模様に織っていく技法で、綴織に近いものです。
絵画的な表現ができることが特徴です。

すくい織りは一般的に経糸が見えるもので、いくつかの組織を併用し、模様に立体感を持たせます。
生地の密度が変化する、ざっくりとした独特の質感が人気を呼んでいます。
そこから生まれる透け感はふんわりと軽く柔らかいのが特徴です。

透け感ありますが、春秋冬をメインに作成されています。