朱珍錦(しゅちんにしき)

朱珍錦 (しゅちんにしき)は、室町時代から織られ、オランダ語のサテンが原語です。

江戸初期より上流社会の贈答品として珍重され、小袖、能装束などに用いられました。