首里花倉織(しゅりはなくらおり)

沖縄の織物

首里花倉織(しゅりはなくらおり)は沖縄の織物の中で一番格のあるものとされ、代々琉球王朝の王族が夏衣としてお召になった紋織物です。

首里花織と捩り織を組み合わせたもので、最も複雑で織りにくいものとされています。

一枚の生地には花織・絽織・平織と全く異なる織の工程を混じえて織りあげていくために、大変高度な技術が必要となります。

紹織、紗織は、からみ経糸が地経糸の右と左に位置を転じて組織し、緯糸と緯糸の間にからみ目(すきま)を織り込んだ、からみ(もじり)組織です。

蜻蛉の羽のようだとも形容されており、盛夏にピッタリの佇まいをしています。

三種類の織を巧みに表現することはもちろん、植物染料の優しい色合いも相まって、本当に清らかで美しい作品となっています。