首里道屯織(しゅりろーとんおり)

15世紀から琉球王府の首都として栄えた首里では高貴な人々の衣裳として色・柄ともに格調があり、綺麗な織物が織られていました。
現在はそれらを総称して首里織といいます。

首里道屯織は経糸を浮かせて織ったもので、立体感のある地紋と品のある色合いが特徴です。

花倉織とともに中国より伝わった技法とされています。

道屯織の半幅帯
こちらの帯は虹色地に淡紫色や臙脂色の経糸をリズミカルに織りあげた艶やかな作品です。

見れば見るほどその幻想的な世界に惹かれ、尽きない魅力で私達を織物の世界へと誘います。

島田末美さんによって一越一越丁寧に織りあげられた大変可憐な仕上りです。