丹波布(たんばふ)

丹波布 (たんばふ)は兵庫県指定の無形文化財、大変希少な織物です。

丹波布 の特徴

明治末期まで丹波佐治の地(現兵庫県氷上郡)で織られていた木綿です。

木綿の織物の緯糸に絹を交織し、縞柄が特徴の丹波布、昔から街着として用いられてきました。

機械機織に押され明治末期に一旦衰退しましたが、昭和初期日本民芸創設者の柳宗悦によって再発見され復元されました。

野にある草木で染め、手織りで仕上げられ、絹糸をつまみ糸として緯糸に入れるのが特徴です。

素朴な柄と木綿特有の肌触り、草木染めの風合い、独特の縞や格子柄。これらを特徴とする丹波布は、その製作過程の一つでも欠いてしまうと、魅力の大半を失ってしまうといわれております。

現在では「丹波布伝承館」にて、天然染料による染色、手紡ぎの木綿糸、同じく手紡ぎの絹のつまみ糸、そして手織りの伝統が守られながら、一糸一糸心を込めて丹念に織り上げられております。

この工程、技術は他産地とも違う点が多く、国の選択無形文化財にも指定されています。