十日町友禅(とおかまちゆうぜん)

新潟県の十日町地方といえば十日町明石縮や十日町絣などの織りのきものの産地として知られていますが、見事な染めのきもの「十日町友禅(とおかまちゆうぜん)」もつくられています。

織物工業協同組合の青年部を中心に、商品開発への積極的な取り組みが始まり、昭和30年代には京都から友禅染の技術を導入し、昭和40年代には「十日町友禅」が花開きました。

京友禅を源流とする十日町友禅は京・加賀・江戸の3大友禅に対して自由な発想と現代らしさが特徴です。

華やかな振袖のほか、留袖や訪問着、付下げなども染められています。