瀞金錦(とろきんにしき)

瀞金錦 (とろきんにしき)は漆芸の代表とされる蒔絵の一技法で地漆に微細な金粉を密に薪き透漆をかけて塗りこめた後、これを研ぎ出します。

漆独特のうるおいの中に隠見する金粉の幽玄な煌めきは摺箔や押箔の絢爛とは異なった深い味わいを持っています。

>瀞銀錦について