上田紬(うえだつむぎ)

生糸を経糸(たていと)に、真綿からつむいだ紬糸を緯糸(よこいと)に織る「上田紬(うえだつむぎ)」。

さらりとした心地よい感触と、軽さ、丈夫さ、吸放湿性の高さという絹の特性に加え、落ち着きある光沢と独特の風合いが紬の持ち味です。

上田紬は、昭和50年に信州紬として国の伝統的工芸品に指定されました。
色や柄、染めの厳格な規制がなく、生産者の数だけ個性があるという自由な気風が上田紬の特長であり、他の染織産地との大きな違いのひとつです。
三百有余年の歴史をもつ伝統工芸品です。
産地表示には信州上田真田家の家紋「六文銭」が使われています。