浮織(うきおり)

国宝に指定されている織物の多くは、この浮織 (うきおり)という方法で織られており、柄の部分が地から浮き上がって刺繍をしたように見えることから、高貴な方々に好まれ装束として用いられてきました。