梅染(うめぞめ)

梅色(うめぞめ)は、日本の色彩としては古く、飛鳥時代には「梅染(うめぞめ)」が既に始まっていたとされ、明治になるまで続いて、その後途絶えたと言われています。

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われています様に、梅は毎年枝切りをする事により良い花が多く付くと言います。