和紙染(わしぞめ)

和紙染 (わしぞめ)は、和紙に染料をひたし、柄の上に丁寧に置いて、その微妙な重なり色を生地に写し染めると言う手間と時間と技術を要します。

当然ですが柄に滲んだ輪郭と自然で賦で染には出せないニュアンスが生まれます。

技術だけではなく、作家の感性が重量な鍵となる、大量生産できない、染織の技が和紙染めの本髄です。