斧琴菊文(よきことをきく)

尾上菊五郎

斧琴菊文は江戸時代に流行した判じ物文様の一つです。

斧(よき)と琴と菊を表して〈良きことを聞く〉にかけたもので、江戸前期から小袖の文様に使われたが、滑稽本《浮世風呂》に〈よきことをきくといふ昔模様。謎染の新形浴衣(ゆかた)〉とあるように、文化年間(1804‐18)以降流行をみました。

またのちにこの文様は尾上菊五郎の歌舞伎衣装にも採用されます。

歌舞伎役者の三代目尾上菊五郎が考案した図案で「羽根のかむろ」の衣装に使い人気が出ました。

おそらく1815年に襲名した3世菊五郎がその芸名の菊にちなみ、また当時流行していた市川団十郎の〈鎌輪奴(かまわぬ)文〉にはり合って取り入れたものと思われます。