結幡(ゆはた)

古代の絞り染め

「結幡」は(ゆいはた)とも読み、古代の絞り染めとして古くは万葉集にも謳われています。

渋く、気品漂う美しさを表現すべく、特殊強撚糸を用いて生まれました。

生地の腰と着心地バツグンの軽やかさが特長です。