弓浜絣(ゆみはまがすり)

弓浜絣 (ゆみはまがすり)は、綿糸・絹糸を使用し藍色染を主体に花鳥山水、縁起物、生活風景等を緯糸絵絣で表わした模様が多いです。

製造工程はくくり染色織りといずれも手作業で、絣模様が崩れないよう一本一本柄合せを行ないながら織り上げます。

弓浜絣は鳥取県西部の弓ヶ浜地方で織られており、文化年間の頃から自家用として織られてきた全国でも数少ない藍染、手紬 手織の絵絣となっております。

事業の縮小や、織手の高齢化などにより産地としての存続が危惧される国指定の伝統的工芸品でもあり、年々の生産数も下がり、価値の上がる希少のお品でございます。

また、産地である鳥取県西部の弓ヶ浜地方は、17世紀後半に特有の砂地を利用した自家用として、綿の生産が始まったのが最初と言われています。

原料となる綿花の栽培が始められたのは江戸時代前期と言われ、この地域特産の伯州綿(または浜綿)の特徴は繊維長が短く弾力性と保温性に優れており、手挽き糸として弓浜絣の主原料に用いられていました。