友禅染(ゆうぜんぞめ)

友禅染 (ゆうぜんぞめ)は江戸時代の扇絵師・宮崎友禅斎の名が由来となり、日本が誇る伝統文化として愛され続けている多くの魅力が詰まったものです。

白生地に下絵を書き、その下絵を糸目糊でなぞっていきます。この糊が図柄や色が隣の図柄、色にしみ込むことを防ぐ防波堤の役割をします。

次に図柄に色を挿していき、そして染めあがった図柄の上に伏せ糊をして地色を染めます。最後に糊を落とします。

この染色方法は、絞り染めや型染めに比べ、より自由に図柄を描く事ができ、また多数の色彩を使うことも出来ます。

つまり、まるで絵を描くように、染める人の感性を最も忠実に表すことが出来る染色方法なのです。