ぜんまい紬

ぜんまい紬は、ヨコ糸にぜんまい綿と絹を使用することにより、素朴な張りと艶のある美しい織りあがりをみせます。

「わらび」や「うど」と同じ春にとれる代表的な山菜の一つ、ぜんまい。若芽はくるりと渦状に丸まり、綿毛で覆われております。収穫時期が短く、生産量の少ない織り素材です。

このわずかな「綿」を一本一本取って真綿に混ぜ、紡ぎ織りあげる…、こうして生み出された、自然からの贈り物のような一枚なのです。

ぜんまいは、保湿性や防水性に優れている上に、綿自体が害虫から身を守る役目をしてくれます。

ぜんまいを用いたお着物がありますと、他のお着物にも虫がつかないことより古くから大切にされてきました。