十六代助左衛門

十六代助左衛門 山形県米沢市・染織作家

十六代助左衛門は草木染紬・紅花紬を中心とする米沢織物の製造をしています。
米沢の自然豊かな恵みで染めた糸を、ひとつひとつ丹念に織り上げ、手作りのぬくもりある着物や帯の製作を代々続けています。

十六代助左衛門略歴
昭和24年 米沢市に生まれる。
昭和41年 山形県立米沢工業高校染織化学科卒業後、染織の道に入る。
昭和51年 通産大臣認定伝統織物指定工場になる。
昭和52年 アテネ・コルフ東洋博物館に上洛平袴・かくま銭巻織帯地を永久保存される。
昭和59年 十六代助左衛門襲名。
昭和61年 第23回日本伝統工芸染織展入選。
第11回新人染織展覧会入選。
第41回新匠工芸会公募展入選。