浅井青仁(あさいせいじん)

浅井青仁 (あさいせいじん)染色友禅作家

浅井青仁さんの工芸作家による作品です。よりお洒落に新しい魅力を備えた着物「ニューフォーマル」として現代風にアレンジされた地紋とポップな柄粋が特徴です。

【浅井青仁 略歴】

1935年 京都東山にて華道家元の次男として生まれる
1951年 京都芸術大学名誉教授 今井憲一氏に油絵を指示
1955年 京展にて、油絵「秋の一日」入選
1958年 同志社大学経済学部卒業後、同志社大学院にて美学専攻
パリ・ロイヤルアカデミーにて染織デザイン研究。
1965年 日本南画院理事 信田利之氏に水墨画を指示。
染色家としてスタートする
1972年 インドネシア ジャワ島に渡り、バティック(ローケツ更紗)を研究
1975年 帰国後数々の作品を発表、多数入選・受賞。
1995年 3月還暦と共に、染道30周年を迎える。
技法も手描き糸目友禅に加え、従来のローケツ染や絵画的な技法による作品の製作に着手。
表現領域を益々多様化させている。
1996年 全国各地で個展を開催。エネルギッシュに活動中。