千葉あやの

千葉あやの 正藍染 人間国宝

1955年に重要無形文化財「正藍染」で人間国宝になられた千葉あやのさん。
正藍染とは熱をくわえず藍を自然発酵させてそめる古来からの技法で、千葉あやのさんは麻と藍の栽培から、糸紡ぎ、手機による織、染色まで一貫してひとりでおこなっております。

正藍冷染は日本最古の染色技法で、栗原市栗駒文字の千葉家がその技法を伝承しています。
種から藍を育てて藍玉をつくり、藍だてをし、麻布を染める一貫作業を千葉家では完全に保持しながら製作を行っています。
特に藍だては自然の温度で発酵させるのが特徴で、染めを行える期間は初夏のほんのわずかだけです。
千葉あやのさんの手の温もりと優しさを感じるとともに、一つひとつの工程を真摯に取り組む職人としての矜持も伺わせる、素晴らしい完成度です。

重要無形文化財正藍染人間国宝
こちらはハリのある麻に染めた絶妙な濃淡の縞文様がリズミカルに駆け抜けていく粋な男性用長着です。