知念績元(ちねん せきげん)

知念績元 (ちねん せきげん)琉球紅型 知念びんがた工房

歴史の荒波に屈せず、紅型三宋家の一つである「知念家」の知念績弘氏は紅型の復興に努められました。
お父様の跡を継いだ知念績元さんは沖縄県指定無形文化財「びん型」保持者、びん型伝統工芸士に選定されています。
何千回も突き彫りを施すことによって完成する型紙で丁寧に染めていく知念さんの紅型に対する姿勢、思いが伝わってきます。